Orb

by kibaco

/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    Purchasable with gift card

      ¥900 JPY  or more

     

1.
03:38
理想を描いて sleep night 真夜中 明るく光った strange light 導く 夢の中 目が覚める 揺れる波の線 silent night 世界は広がり outside 飛び出す 見えたもの It’s new my world 確かな光が照らして いつでも歩き出せるだろう
2.
青とグレーの間で 私は何思う いつも誰かのせいにしていた 何かある事に 一輪の小さな花が かけがえのない存在に 私の心奪って 変えてしまったとしても 今見てる風景の中で 嘘なんてつけるのか? この心は一つで弱いけど 強くもある 今見てる風景の中で 嘘なんてつけるのか? この心は一つで弱いけど 強くもある
3.
変わらないもの  変わっていくもの ここにある 二つの気持ちが時にぶつかって 目の前を遮った 透明な五線譜の隙間から ah 懐かしい映像が流れ出す 鮮やかに 大人になる度 素直になれずに 痛みや傷跡 隠してしまうけど 今すぐ伝えて大切なことは 自分を信じて ここから始まるの いつからなのか 向き合うことに怯えてる もっとまっすぐに素直に生きれる はずなのにわからない 美しい波の線煌めいて ah 流れてくこの時を消し去った 清らかに 大人になる度 素直になれずに 痛みや傷跡 隠してしまうけど 今すぐ伝えて大切なことは 自分を信じて ここから始まるの 深い深い暗い闇の底から 出口を探し上を目指すの どんなに孤独で泣きたくても 諦めないで泳ぎ続けて キミの海に光は射すから キミの空に光は在るから ほら見てこれがキミの空だよ ほら見てこれがキミの海だよ 大人になる度 素直になれずに 痛みや傷跡 隠してしまうけど 今すぐ伝えて大切なことは 自分を信じて ここから始まるの ここにある全てのもの 目覚めたら光溢れて 美しい世界へ今日も始まる
4.
02:27
おやすみなさい 一日が終わる 夜空の星達は今日も僕らを見守っていた 明日も元気で過ごせますように 僕たちは星の子供 皆それぞれの輝き ここだよ ここだよ 自分の存在を確認する 知らせる この無限大に広がる空を見ていると 一体自分がどこにいるのかがわからなくなる とってもとっても不思議な気持ち そして自分と宇宙だけの世界になって その時この命の重みを強く感じる 僕たちは今生きている 悲しいこと嬉しいことすべて 生きている証拠 この星のどこかに 君を求めている場所がある それはどこなのかまだわからない 生まれた時から始まった長い長い旅 恐れることはない この星達がずっと道を照らしてくれるから 星は神様 星は自分自身
5.
05:57
点と線でつなぐ星座 果てしない宇宙の世界を 頭いっぱいで想像して ノートに描いては夢見てた ねえいつか行けるのかな ねえいつか見れるのかな 想像もつかない場所 想像もつかない風景を 日記帳の数が増えていって いつしか大人になっていた それでも何も変わらない 好きなもの好きな世界は いつでもこの心にある 私を今日も生かしてる ねえいつか行けるのかな ねえいつか見れるのかな ねえいつか行けるのかな ねえいつか見れるのかな 想像もつかない場所 想像もつかない風景を 日記帳の数が増えていって いつしか大人になっていた
6.
04:32
7.
光の糸 繋がってる 指の先で 受け取っていた 感覚から 読み取ってた 光の森 見えたから 痛みを 優しく 淡い夢が 守る 誓い 期待 寄り添って 眠っていたい every night every night 飛べた 目覚めて 泳いで 直視できる この世界を
8.
03:37
真夏の夜空は 一人の映画館みたい 星座の瞬き ページを巻き戻すから もういいの もういいの ah 声が聴こえる 記憶の片隅に 閉じ込めたはずだったのに もういいよ もういいよ 見つけて 声が聴こえる Beautiful Starry Sky 僕たちの世界 Beautiful Starry Sky 見えなかった世界 残った微かなぬくもりも いつか消え 真夏の夜空は 一人の映画館みたい 星座の瞬き ページを巻き戻すから もういいの もういいの さよなら 声が聴こえる もういいの もういいの さよなら 声が聴こえる
9.
夜空 今 流れた 光る 星 追いかけ 君の こと 想えば 海の 色 涙よ 朝、目が覚めて君を探した 幻、夢のお話だって いつもそうなの 慣れてるから あたりまえのことで 君と僕の間には見えないラインが いつまでも保たれてる  Distance Distance 手を伸ばしたら消えてしまいそうな Distance Distance 夜空 今 流れた 光る 星 追いかけ 君の こと 想えば 海の 色 涙よ 心まで追いつけるの? いつの日か 失うことの怖さの中 確かめること出来ずに 夜空 今 流れた 光る 星 追いかけ 君の夢 見ていたい 君のこと 守るよ
10.
06:17
地平線まで広がる星空 荷物を置いていくの 少し重すぎるから 無理はしなくていいよ 休んでからいこう 孤独な葉っぱ 夜露に濡れて また明日を待っている 「叶わない夢」という言葉を 消去してね ボクはボクの世界の住民 きっと誰にもわからない もっと空を知ることができること もっと前を向くことができること 信じて 限りないパワーは 平等に与えられるから この手のひらから するり抜けていく 砂を見ていた まるで時計のような自分 刻まれていくこの一瞬 かみしめながら 星は闇を照らす 羽毛に包まれているような やわらかな灯りの中 ボクは平和な明日を願う

about

"Light from the universe. Light to space. 6th ALBUM that connects the star and heart ”

This work develops a magnificent and dramatic soundscape with the theme of "universe".

It's like a journey into outer space, a gentle story that connects the heart with the stars.

Electronica, techno, EDM, alternative, post rock. Digest all genres and express with a unique world view of the wooden box.
This work, which was created with the theme of space, is truly a masterpiece that can be said to be a compilation.

A wooden box that expresses various activities regardless of place or genre.

We have always been exploring and practicing new things such as live at the planetarium, the first headphone live in Hokkaido, candle live in the forest, collaboration with fashion brands.

Vocal SAyA is a solo project and improvisational unit, and track maker Satoshi Nishimura is a music engineer and sound engineer.
Expand activities. Each of the songs, which expresses a mixture of their experiences and sensibilities, has its own original sound.

This work is created with a different approach from the past work.
Arranged in a simpler and avant-garde manner while maintaining the warm sound.
Then, it is more spatially mixed and evolved.

Wooden box The latest work "Orb" is a new wooden box sound unlike any other work in the past.

==============================================

『宇宙からの光。宇宙への光。星と心を繋ぐ6th ALBUM』

今作は『宇宙』をテーマとした壮大でドラマティックなサウンドスケープを展開。

それはまるで宇宙空間への旅、星と心を繋ぐ優しい物語のよう。

エレクトロニカ、テクノ、EDM、オルタナティブ、ポストロック。あらゆるジャンルを消化し木箱独特の世界観で表現。
宇宙をテーマに作られた今作はまさに、集大成ともいえる最高傑作。

場所やジャンルにとらわれず、様々な活動、表現してきた木箱。

プラネタリウムでのライブ、道内初のヘッドフォンライブや森でのキャンドルライブ、ファッションブランドとのコラボレーションなど常に新しいことへの探求と実践を行ってきた。

ヴォーカルのSAyA(サヤ)はソロプロジェクトや即興ユニット,トラックメーカーの西村サトシは楽曲制作、サウンドエンジニアとしての
活動を展開。互いの経験と感性が混ざり合い表現された楽曲はどれも独自性をもったオリジナルサウンド。

今作は過去作とはまた別のアプローチで制作。
温かみのあるサウンドはそのままに、よりシンプルに、且つ前衛的にアレンジ。
そして、より空間的にミキシングされ進化。

木箱 最新作『Orb』は過去のどの作品とも違う新しい木箱サウンド。

credits

released December 5, 2018

kibaco are

SAyA
vocal, programming, synthesizer, trimtone, tinyPIANO

Satoshi Nishimura
programming, electric guitar, synthesizer, kibacon.

Additional Musicians
Ryosuke Ueno:bass (on track5.10)

All Music Written by kibaco
All Lyrics Written by SAyA
All Tracks Produced & Arranged by kibaco

Recorded and Mixed by Satoshi Nishimura (brownpost,kitorina records)
Recorded and Mixed at bpSTUDIO
Mastered by Satoshi Nishimura (brownpost,kitorina records)
Art Coordinator : Saori Yamada
Artwork : Takashi Kato

Special Thanks to
Wataru Woka, Raychell, CandleMOTHER, Naoki Takahara,
Katsuaki Hiyama, Shinya Takada, SaChi, Narumi Abe, Yohei Kisaka,
Shinya Kamishima, Mika Maeno, Yoshiyasu Hayashi, Takashi Sasaki,
Tsuyoshi Ebato, Masaru Ishikawa, Hideaki Kojima, Andy&mocco,
Family, and You

kibaco.net
note.com/kibaco_music
www.youtube.com/KibacoMusicChannel
www.instagram.com/kibaco_chan/

kitorina.com

license

all rights reserved

tags

about

kibaco 札幌市, Japan

SAyA(Vocal.Synth.Programming)
Satoshi Nishimura(Programming.Guitar)

''Kibaco'' was formed an electronica unit at Sapporo from 2004.
Not only composing programmed music,also using warmly sounds make unique world with SAyA's whisper&crystal voice.
Satoshi Nishimura,acts as sound-engineer,participated in making 1st&2nd Album of SAKANACTION.
... more

contact / help

Contact kibaco

Streaming and
Download help

Report this album or account

If you like kibaco, you may also like: